食べ物

ニキビが出来る時の皮膚の状態

ニキビができるとき、肌はどのようになっているのでしょうか。
それについて詳しくご紹介したいと思います。
ニキビができる前は顔から皮脂が多く出されています。

この皮脂は肌に必要なものなのですが、過剰に分泌されてしまうと肌にてかりを及ぼしてしまいます。
また、それにより毛穴が開き汚れが溜まってしまいます。
また、皮脂が過剰に出されることで、人の肌にいる顔ダニと呼ばれるものが、皮脂をコントロールしようと食べに来ます。

しかし、たくさんの量を出されているため、顔ダニが繁殖しすぎてしまい、肌に害を及ぼしてしまうのです。
顔ダニも皮脂も通常ならば肌にとって必要なものであり、それによって綺麗な肌が保たれているのですが、多くなりすぎてしまうことによってニキビの元になってしまうのです。
また、洗顔をすることによって肌が乾燥してしまい、それによって肌が驚いて皮脂を更に分泌してしまうという悪循環に陥ってしまいます。

このような状態になると、ニキビが非常に発症しやすい状態になっているため、この時点で予防することが大切です。
開いた毛穴をきれいにして、引き締めることが大切になります。
洗顔料なども選んでしっかりケアしていきましょう。

このページの先頭へ