食べ物

ニキビはいつから知られている?

ニキビがいつからあって知られるようになったのか、知らない方は多いと思います。
実は結構昔から知られていたようなのですが、その歴史について、ご説明したいと思います。
まず、ニキビは平安時代より知られていたようです。

平安にあった和名類聚抄という書物に、ニキビの記載があったそうです。
過去の女性も、ニキビには苦しめられていたようですね。
更に江戸時代には都風俗化粧伝という美容に関して書かれている書物があるのですが、ここには馬歯?という薬草ついて記載がありました。

これは角質を柔らかくして綺麗にしてくれる効果があったようです。
今も昔も、きちんとスキンケアするところは、時代を超えても変わりませんね。
また、小豆が使われていたそうで、小豆に滑石と白檀を細かくして絹で濾したものを洗顔の際に顔に塗りつけていた記載がありました。

小豆は今でも美容のコスメとして使われていますから、昔の人の書いた美容の書物は現代でもしっかりと活かされていますね。
こうした書物があったことから、ニキビや美容に関しては、とても古くから注目され、ケアされていたことがよくわかります。
昔の人に負けないくらい、しっかりとニキビなどのスキンケアをしていきたいですね。

このページの先頭へ