食べ物

顔ダニが原因で起こるニキビとは

人の肌には顔ダニと呼ばれるものがいます。
これは通常であれば特に問題がなく、トラブルになることはないのですが、量が多くなってしまうことによってトラブルが起きます。
この顔ダニは人にある皮脂を餌として食べて生きています。

これによって、皮脂の量をコントロールできているため、通常ならば問題なく、逆に必要なものであると言えます。
しかし、この皮脂が多くなることによって顔ダニの餌が増え、それにより大量増殖してしまうというケースがあります。
増殖するとどうなってしまうのかというと、皮脂腺が炎症を起こす、ニキビが多く発生する、発疹、かぶれなどが起きるという症状が出てしまいます。

つまりはニキビなどの肌のトラブルが多く発生してしまうということなのです。
また、顔ダニは頭皮にも発生することがあります。
そうすると抜け毛の進行が出てしまいますので、顔ダニには注意が必要です。

しかし、だからと言って減りすぎても問題ですから、特に気を遣う必要はありません。
皮脂の過剰分泌さえなければ、特に問題が起きることはないと思いますので、神経質になりすぎず、肌のケアをしましょう。
しかし、どうしても気になってしまう、という場合には、医師に相談してみるといいでしょう。

このページの先頭へ