食べ物

ニキビが出来る仕組み

ニキビは毛穴の詰りによって起きてしまうのですが、顔や背中、胸元といった皮脂分泌の多い部分にできやすいことはご存知でしょうか。
この皮脂というのは、どうして活発になってしまうのかというのはご存知でしょうか?
要因は様々あります。

第一に、ホルモンの関係です。
成長ホルモンが多く分泌されるようになると顔のTゾーンの部分に皮脂分泌が増加し、ニキビが増えます。
また、男性ホルモンが多く分泌されると増えます。
女性の場合、基本的には少ないのですが、ストレスなどによって増加し皮脂分泌が活発になってしまうのです。

次に、上述したストレスです。
人はストレスを受けることによって睡眠不足や疲労というものを感じ、自律神経に影響を及ぼしてしまいます。
それによって男性ホルモンの分泌が多くなってしまい、皮脂分泌が多くなる、ということが起きます。
また、黄体ホルモンというものがあります。

生理の前になるとこのホルモンが分泌され、ニキビや出来たり、既にあるニキビが悪化してしまうということがあります。
他にも、新陳代謝の低下などにより肌が固くなってしまい、毛穴のターンオーバーが出来なくなって毛穴が詰まってしまいます。
また、強い刺激を与えられると守ろうとして肌の角質が硬化してしまうことによりニキビが出来るということもあるようです。

このページの先頭へ