食べ物

ニキビと脂漏性皮膚炎の関係

ニキビとよく似ている脂漏性皮膚炎。
これとニキビの関係性についてご紹介いたします。
まず、これは良く似ている症状で発症のきっかけもニキビと似ています。

脂漏性皮膚炎も男性ホルモンの分泌や食生活によって出来てしまうものなのです。
しかし、良く似ている症状であっても、治療方法は違っており、ニキビ予防で脂漏性皮膚炎を治すことは出来ませんし、逆に脂漏性皮膚炎の治療方法でニキビを治すことは出来ません。
また、原因となる菌も異なっていて、ニキビは有名なアクネ菌が原因ですが、脂漏性皮膚炎はマラセチア菌と呼ばれる菌が原因になります。

また、合体して発症することもありますので、その場合には双方の治療が必要になります。
その際にはきちんと医師に相談して然るべき処方を受けるようにしましょう。
自分で治療を試みて悪化してしまうと、跡が残ってしまうこともあります。

また、食生活も見直すことが大切です。
偏った食事をしていては、薬でよくなってもまた悪化してしまうことがあります。
海藻類や緑黄色野菜を良く食べて、肉の脂身や甘いものは控えるようにしましょう。
また、炭水化物も、摂り過ぎるとニキビ発症の原因になりますから、よく注意して、ほどほどに食べるようにしましょう。

このページの先頭へ