食べ物

思春期に出来るニキビ

思春期になると、人の身体は子供から大人へと成長します。
それによってニキビが出来る、というのをなんとなくは理解していても、どうしてそうなるのかの原理を知らない方はいるのではないでしょうか。
これには成長ホルモンというものが関係しています。

このホルモンが出ることにより身体は男性ならば男らしく、女性ならば女らしくなっていくのですが、それと共に、成長ホルモンによって皮脂腺というところが刺激されてしまいます。
皮脂腺は少し刺激されただけでも皮脂を多く分泌してしまうほど敏感なのですが、永長ホルモンにより刺激されると外敵が来たと勘違いして皮脂を多量に分泌してしまいます。
これが出ることによって、毛穴が詰まり、ニキビができやすい環境が出来てしまうのです。

更に、アクネ菌というニキビを悪化させてしまう菌があるのですが、これが皮脂を食べてしまいます。
それによって、ニキビは更に悪化してしまう、ということなのです。
しかし、成長ホルモンは必ず出てしまうもので止めることは出来ませんし、止めてしまうと身体は成長できません。
そのため、これを予防するためには皮脂の量を減少させることが大切です。
洗顔などで予防できるものがありますので、これを使って綺麗な肌を保ちましょう。

このページの先頭へ